--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-01(Wed)

07年7月31日 木曽駒ヶ岳?宝剣岳?桧尾岳?熊沢岳?東川岳?木曽殿小屋


朝7時くらいのバスでここ
駒ヶ根ロープウエーに乗る。
今日明日と、自分にとっては初の中央アルプスです♪

天気も上々(^ω^)

メチャ混み合ってはいますがそこは、人気の千畳敷カール
ですからね?

070731_103306L.jpg
(クリックで拡大)
10時15分千畳敷カール到着。
いよいよ、登りますよ?
賑わってます。列をなして登る登る

結構、軽装で登っている人もいます。


070731_112759L.jpg
(クリックで拡大)
まずは、木曽駒ヶ岳へ登ります。
木曽駒ヶ岳は、中岳と言う山を越えて行きますが
アップダウンは、なだらかなのでしかも、宝剣山荘付近からは
行き帰りでも、1時間も有れば行ってしまう距離。

ザックをデポして空身で登ります。

あ、写真は登山道の左側に咲いていたコマクサ。


070731_113500.jpg
ぜ?んぜん疲れません(^ω^)
11時38分。木曽駒ヶ岳山頂到着♪
まるで、散歩に来たような感じです。


070731_114137s.jpg
山頂で、色々写真を撮ってもらいました♪
ビデオを撮ったり、写真を撮ったりして
加工するのが趣味の方がいたんですよ。


070731_114145s.jpg
お互いに、いっぱい写真撮りましたよ(^ω^)
その節は、お世話になりました。ありがとうネ。
ぼくの、撮ったのも気に入ってくれると良いなぁ


070731_121328.jpg
さあ、木曽駒ヶ岳で写真撮りあって盛り上がって
周りの景色見たりして、次のお山へ向かいます。

これは、中岳の巻き道です。
1箇所、怖い所が有りましたがまあ、大丈夫。


070731_120955L.jpg
(クリックで拡大)
コマウスユキソウ♪
この花見たかったんですよ。
可愛いです(^ω^)


070731_122958.jpg
12時29分。
いよいよ、宝剣岳への登りです。
結構、怖い感じ。

両手両足で、よじ登ります。
地図では、ここから反対側へ下りるコースは点線になってますが・・・
人気の山だけ有って、どんどん登っていますよ?



070731_124203s.jpg
宝剣岳山頂をバックに。
このバックの岩登れそうなんだけど。。
二段目までは登れたんだけど・・・最後の1登りはチト怖いでヤメマシタ
この時、12時42分。

それでは、宝剣岳からのパノラマをどうぞ?


まずは、この1枚♪




070731_123749L.jpg
(クリックで拡大)
富士山がちょっと顔のぞかせています。
下に見える、千畳敷きカールとアリゴのような人が面白かった。

山頂は、人がドンドン来て1人5分くらいで交代って感じでした。
なんせ、狭くて急峻。祠も両側に有りましたよ。

さあ、そろそろ反対側に下りますか?

気をつけながら、下ります。クサリいっぱいです。
まあ、距離は短いので30分くらいで切り抜けられます。
面白かったのは、大きな三角形の石の下を通ること(^ω^)

070731_125727.jpg
さあ、宝剣岳を楽しんだら
後は、あの先の空木岳を目指しますよ?

メチャ遠そうです


070731_132035L.jpg
(クリックで拡大)
13時20分。

振り返ると宝剣岳。
キレイですね。。


070731_153150.jpg
いきなりですがもう、2時間歩きましたよ。
ここは、桧尾岳。近くに避難小屋が有ります。
15時31分。

はじめは、快適な花崗岩の岩の分解したなだらかな道でした。
両側には、コマウスユキソウやチングルマや、色んな花と
ゴロゴロした岩が絵になっている快適な道でした。


070731_154234.jpg
しか?し疲れた。。
バテバテ。。
ここで、南アルプス以来の非常食を食べました

ここからが、もっと大変だった・・・
大きなアップダウン。
そりゃ、そうだよな。

帰ってきて地図を良く見てみれば
桧尾岳?大滝岳?熊沢岳?東川岳と結構なアップダウンでした。




070731_173320.jpg
1番向うの山まで行ったんですよ?
すれ違った人、2名。
縦走する人は、少ないのか?
宝剣から空木へは行く人多そうだけど
反対だからな・・・

一歩、一歩、進めばやがて着くとは言え
あまりに遅いと、小屋の人に迷惑だろうし。

070731_181040.jpg
18時10分。木曽殿山荘到着♪
もう、やっとやっとバテバテです。

ここで、わかったのですが中央アルプスは小屋が小さくて
全部、予約が必要との事です。
(中央アルプスの小屋は北アルプスと違ってどこも小さくてビックリでした。次回は予約してから出かけます。)
小屋の人は、何とか追加を受けてくれて夕食朝食を確保できました。
お世話になりました。
小屋では、40人くらいでしょうか。

初めて左隣だけ男性で右隣と前と後ろの人と3面
女性の中を指定されて、嬉しいやら
何か、気になってあまり良く眠れませんでした(´ω`)

小屋の人は、大変気さくな人でアットホームな良い小屋でしたよ(^ω^)

ビールも美味しく、2本も飲んでしまった。。


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧
よろしかったら応援のポチッお願いします

スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

茜未さんへ

コメントありがとうございます。
来年は千畳敷に行ってみたいと思っていますか~
千畳敷は雪が遅くまで残って、花がいっぱい咲いていて
良い所ですよね。どうせなら、後2時間登って木曽駒まで
登ると満足度アップですよ(´ω`)

いつか。。。

来年は千畳敷に行ってみたいと思っています(⌒-⌒)

やまとそばさんへ
中央アルプスは、ロープウエーで山頂近くまで行けてしまうため
地元民としては、何時でも行けるや~
って感じで、いつのまにか空白域になってしまいました。
1泊2日で色んなコースがあるのも魅力ですね(´ω`)

ちかりさんへ
ガスガスのあとに山がチラッと見える感動!!
良~くわかりますよ(^ω^)
ぼくも、立山の時には雨から曇りそして日の光が射した時は
感動でしたから。ひらかれ行く雲と見えてくる山々の姿は
一種神々しくもありますよね(^ω^)

青空

 ううっ、千畳敷での青空が眩しすぎるっ!剣に続いて、お天気に恵まれましたね~。
 私が行った時とは大違い。たった3日違いなのに(泣)。
 でも、ガスガスのあとに山がチラッと見えるのも感動しますよ。。。負け惜しみですね(笑)。

中央アルプス

3人娘さんと言い、皆さんこの時期、中央アルプスへ行かれている様ですね!この後は?どちらえ?

カルネさんへ

早速コメントありがとうございます。
すみません。千畳敷はあっという間に素通りでした(´ω`)
でも、花いっぱい咲いていましたよ。
特に今年は、久々のコバイケイソウの当たり年です。
残雪と、コバイケイソウの景色はキレイでしたよ。

カルネさんも、中岳までは登っているのですね。
どうせなら、木曽駒ヶ岳まで行って来れば良かったのにv-410

山小屋そうなんです。
ぼくもビックリでした。
小屋が小さいので、予約制にしているみたいです。

絶景の山登り

憧れの千畳敷....そんな観光ルートは、あっという間に素通りなんですね(^^;
以前訪れたときは、中岳まで行って引き返してきましたが、
やっぱり本格的な山登りの人は違うなぁ~!

山小屋はどこでも予約ナシでOKなのかと思ったら、違うんですね(^^;

続きもある?楽しみにしてま~す^^
お天気情報
FC2カウンター
リンク
山の足跡



花の名前を調べるには

カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

じもらー

Author:じもらー
地元信州の山のぼら?で、じもら?です。楽しく刺激的でのほほんとした信州長野県の田舎暮らしのあれこれをアップ(^^)
山登り、スキー、温泉、山の草花、キノコと山菜が中心かな?

ポチッと押してもらえるとうれ

ブログ内検索
信州の四季
別、サイトです。 春 夏 秋 冬 信州の四季の写真集めてます。 山登りと、写真はお友だちですね。
■信州の写真■
安曇野


RSSリンクの表示
最近の記事+コメント
☆いらっしゃいませ☆

便利情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。