--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-22(Tue)

道のべの木槿は馬にくはれけり

道のべの木槿は馬にくはれけり
(みちのべの むくげはうまに くわれけり)


芭蕉は、1日に15キロ以上も歩いたり、峠越えは勿論
月山にも登ったりして山のぼら?だったのですね

道のべの句は、「野ざらし紀行」の大井川の所に 馬上吟としてあります。

はじめは良くわからない句ですよね?
道のムクゲが馬に食べられちゃった?
それが何か?って感じですが


この間わかりましたよ(^^)山菜採りながら


考えてみれば、馬じゃなくても人でもいますよね?

え?どこに? どこにいるの?

って感じですか?

そう思ってくれると嬉しいです(^^)





それでは、山のぼらー的解釈をどうぞ


ムクゲの花は暑いのが好き。夏から秋にかけて

次から次へ花を咲かせ続けます。

でも一輪の花は朝開いて、夕方には閉じてしまう一日花です。

芭蕉は、暑くムシムシする中、馬の上で揺られながら大井川への

道を急いでいたのですね。

暑くて、眠くなったりちょっとボ?ッとする事も有ったでしょう。

ふと、前を見るとそこには涼しげなムクゲの花が咲いていたんですね。

芭蕉の目はそのムクゲに吸い寄せられたわけですね?

良く有りますよね? 

知らない人には見えない山菜も好きな人には良く見える。あれです。

キレイなもの、趣のあるもの、侘びさび、の好きな芭蕉には

その涼しげなムクゲの花で心の中がいっぱいになっていたんですね。

1日花の儚さも思っていたことでしょう。

と! その時!!

乗っていた馬が、ムクゲの花を食べてしまったんですね。

花に美しさや趣を感じる人と、その同じ花を何のためらいも無く食べてしまった馬と。。



面白いですね? 花に趣を感じたのがバカみたいです。

強い生命力も感じます。

命の一瞬の輝きも見えますね?



出てくる景色はこんな感じでした(^^) 





いませんかこんな人?

ニリンソウとか、カタクリとかスプリングエフェメラルたちを
キレイだなぁと見ている人もいれば・・・
「これ、食べられるんだよ」と言う人もいるんですね


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧








スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

え~?

芭蕉は、服部半蔵ですか?

ちょっと違うような(^^)
でも、そんな話が出るのも面白いですね(^^)

じもら~さん。こんばんは。
馬の気持ちがよく分かりますよ。今まで食べられるか、否かで全てを判断していましたから。

俳句の解釈をされるとはすごいですね~。芭蕉が東北を旅した紀行文は?と問われれば、「みちのくひとり旅」と私は答えそうなレベルです。

先日、都市伝説の番組で、芭蕉は服部半蔵である、と言っていたけど、真偽の程はどうなんでしょうかねぇ。
お天気情報
FC2カウンター
リンク
山の足跡



花の名前を調べるには

カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

じもらー

Author:じもらー
地元信州の山のぼら?で、じもら?です。楽しく刺激的でのほほんとした信州長野県の田舎暮らしのあれこれをアップ(^^)
山登り、スキー、温泉、山の草花、キノコと山菜が中心かな?

ポチッと押してもらえるとうれ

ブログ内検索
信州の四季
別、サイトです。 春 夏 秋 冬 信州の四季の写真集めてます。 山登りと、写真はお友だちですね。
■信州の写真■
安曇野


RSSリンクの表示
最近の記事+コメント
☆いらっしゃいませ☆

便利情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。