--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-29(Thu)

今日も、白樺峠。


今日も快晴♪

白樺峠行ってきました。

季節の事なので、今の時期しか見れない。
山へも登りたいけど・・・

今年はタカの渡り観察となったのでした。


何回か行ってみてわかったけど
気づいた事を数点、来年の自分のためにもメモしておきます。


・行くなら平日。 土日祭日は混雑が半端じゃない。
・携帯椅子は平日は持っていかなくても大丈夫。
・日祭日は携帯椅子を持って行ったほうが無難。
・真ん中前の方にはベテランらしき人たちがいる。
・後ろの人の声がうるさかったりするので後ろの方が自分的には好ましい。
・曇りの日は寒い。 防寒対策、本、温かい飲み物等











110928_141845_2.jpg
クリックすると大きな画面で開きます。
今日は午後2時くらいより20羽以上の大きなタカ柱が発生しました。
27日は、12時半頃からだったから日によりだいぶ違いますね。















110928_113614.jpg











110928_141240_3.jpg












110928_142013.jpg
うまく写せなかった・・・
背中に発信機を背負ったハチクマ。





















110928_142044_3.jpg

元気に、渡っていってほしい。
今日のドラマは、ツミがハチクマにちょっかいだしたのが3回。
速いや"\( ̄^ ̄)゛速いチゴハヤブサ。
そんなこんなの楽しい秋の一日でした。
スポンサーサイト
2011-09-27(Tue)

白樺峠 タカの渡り


今日は、快晴♪
南の国へ渡る鷹を見に行ってきました。



ハチクマ サシバ ツミとどんどん渡っていくタカたちを見ていると
何か元気づけられます。















110927_121848.jpg

















110927_124505_2.jpg


















110927_133510_1.jpg










今日は、近くをいっぱい飛んでくれて

大満足の一日でした。









110927_124025_7.jpg
2011-09-24(Sat)

ドバト


ドバトの一斉に飛ぶ姿っていいですよね。
2011-09-23(Fri)

台風後の白樺峠


台風が過ぎ、寒くなりましたね~

今までタオルケットと毛布だったのが

寒くていきなり布団も


雲が多いけど、期待して白樺峠へ。



到着時間が11時頃と遅めになってしまいました。

いきなり飛んでいて、今日は1時間に50羽と言っていました。

でもでも、上昇気流発生で高い高い。

かなり高くまで上がり飛んでいきます。

小さくて豆粒かゴマ粒みたいな。


タカの渡りも結構条件がいろいろで難しいですね。


また、元気に戻ってと願ったのでした。





2011-09-22(Thu)

ウソ


昨年の冬からバードウォッチにはまりはや10ヶ月。

ウソに出会ったのは、3月のことでした。

図鑑で見ているととてもキレイな鳥。

声は結構聞くんだけど、なかなか姿を見れない鳥でした。







110323_102955w.jpg












110323_103141w.jpg
2011-09-18(Sun)


今年の春のことです。

オオルリに会いに行った時に

聞こえてくる、クロツグミの鳴声

どこに居るのだろうと

探してみると

松の木の梢でした。

春の鳥は、鳴き声上手が多いですね

それにしても、もう秋。早いものです。
2011-09-16(Fri)

白樺峠タカの渡り観察会


乗鞍自然保護センター主催、信州ワシタカ研究グループ強力で
「白樺峠タカの渡り観察会」が開催されました。










はい 参加してきました(^。^)

内容は、こんな感じです。


白樺峠タカの渡り観察会
参加費:500円 定員:25名
   日本各地で夏を過ごした野鳥はそろそろ秋の渡りの季節。タカ類もどんどん
   渡っていきます。タカ渡りの名所、松本市白樺峠で秋の一日、大空を見上げて
   のんびり過ごしましょう。
   日時 2011年9月14日(水) AM 10:45~14:00 (雨天は室内でのプログラム)
   講師 信州ワシタカ類渡り調査研究グループ
   対象 ■マイカー参加のみ ■15分ほどの山道歩きができる方 

参加費が保険料だけみたいな申しわけない感じ。




白樺峠のタカ見の広場はボランティアで整備されています。
本当に有り難いことです。






110914_104929s.jpg
信州ワシタカ研究グループの方が講習してくれて

とても興味深い、面白い、楽しいお話を伺えました。

来年は、録音機を持って行かないと。

その中で少し記載します。

アマツバメもいろんなのがいて、尾が尖った針の尾のハリオアマツバメとか

9月下旬は、ハチクマやサシバが中心で、10月上旬はノスリやツミが中心に渡るとか

春の渡りは朝鮮半島経由で、秋の渡りは朝鮮半島に寄らないとか

マレーシアとかフィリピンとかに渡るが、そこはあまり鳥や虫がいないとか








110914_123254.jpg
気持良さそうに飛んでますね~











110914_123824.jpg
ソノウが膨らんでます。
お腹いっぱいにして、帰っていくようです。

















110914_142048_1.jpg






1時ごろからいよいよ出現。
110914_132144.jpg
この小さな写真ではわかりませんね。
一番出現した時の写真です。
20羽弱のタカ類が上昇気流を捉えて旋回し


こちらへ、飛んできます。
近くを通るタカもいて、興奮の瞬間。


この日は、148羽の渡りが観察できたとか。

中には、ハヤブサとかホシガラスとかもいて楽しく観察できました。


しばらくは、白樺峠通いが続きそう(^。^)
  明日から雨の予報で次の休みは雨だなぁ・・・
  秋雨前線や、大陸性の高気圧の様子が変。。心配です。









2011-09-14(Wed)

国定忠治伝説


牧峠の向こうは
国定忠治伝説の地だった。













110909_175624.jpg
人面岩。
ちょっと微妙。。



















110909_175755.jpg
ススキの穂と妙に合う国定忠治。

牧の峠のHPにその伝説が有った。
だいたいこんな話のようだ。
-------------------------------------------------------------
雪のちらつく11月頃、牧峠の炭焼き小屋を旅芸人の一行が通る。
その中の親分風の人が国定忠治。
思い病の者がいるので少し休ませて欲しいと頼む。

村の炭焼きの人が自分の家へ招待しもてなした。
その恩に感謝し、分れの仁義を切った。
お礼にお金を出そうとしたが村人はお金をもらうつもりで
看病したのではないと断った。
-------------------------------------------------------------
詳しくは、こちら。人面岩の話も出てきて大変面白い。










110909_194903.jpg
この日は、牧峠で車中泊。

遠くに、花火を見ながら明日の
タカの渡りと、イヌワシに期待したのだった。
双眼鏡で見る花火は初めて












110910_061350.jpg
そして、翌朝。

6時13分はこんな良い天気

今日は良いぞ~
と思ったのだけど 気温が上がるにつれて
上昇気流に雲が発生。 ガスガスとなったのでした。
一羽ハチクマが飛んだだけ。

数十秒のイヌワシの出現が救いでした。


どうも前回来た時の、イヌワシ、オオタカ、ノスリ、不明のタカは
当たり日だったようです。今日が普通?

2011-09-13(Tue)

登山道で雷鳥の家族に遭遇


岩場の真ん中にお父さん雷鳥がいます。

グワァグウグウと泣き声がして
何やら賑やかに雷鳥の家族が食事中。











101014_100230.jpg
ごめんね、じゃましちゃって(^。^)















101014_101716.jpg
これから、冬に向かい栄養を蓄えないといけなじ時期ですね。
昨年の10月のことでした。
2011-09-13(Tue)

所違うと、稲の干し方も違う


牧峠を越えると、そこは稲の実った田んぼと
何やら木々にロープが巻きつけられて不思議な風景。













110909_165611.jpg
ここは、こんな感じで数段に稲を干すんですね。
はじめて見た光景でした。
峠を隔てて、文化も気候もかなり違います。










110909_172918.jpg
季節は、しっかり秋景色。

なんでも、19日から完全に秋になるそうです。
がくんと涼しくなりそう。
2011-09-11(Sun)

この頃良く見かけるようになったイカル。


白樺峠の帰り
近くの林でカッカッカと言う声。

見てみると久しぶりのイカルだった。

春先には良く見かける鳥で夏にはあまり見かけない。

この大きな嘴は一回見ると忘れられないですね。











110906_155228.jpg
偶然撮れた一枚。
なかなか可愛い顔してますね(^。^)

春先に木の上で長閑にコーヒーホエーとか不思議な鳴き声を思い出しました。
2011-09-07(Wed)

イヌワシの天狗伝説

奥信濃でイヌワシとオオタカとノスリに出会ってから
イヌワシが気になってしかたないこの頃です

また行けば良いのだけど、遠くてなかなか行けない

そこで本を探してみたら結構有るんですよ~
その中から数冊注文して読んでみました。

K嬢も中野のセミナー会場で気になった本があって
注文してくれて貸してもらいました♪
面白かった~ 飛行の様子とか楽しいお話。



読んでみた三冊のご紹介をしようと思います(^。^)



まずは、これ「イヌワシの四季」

とても、読みやすくて写真も多数掲載されていて
興味深く、数日で読んでしまいました。
もっと、ゆっくり味わって読みたかったんだけど・・・

空の王者ニホンイヌワシの生態をさぐる の副題の通り
著者は関山 房兵氏。岩手県北上高地でのイヌワシの生活を
生き生きと描いている。
特に、子育ての様子や、飛翔の姿は面白かった。
北上高地行きたいです。








これも面白かったです。
「空と森の王者イヌワシとクマタカ」 著者山崎 亨

この本は、科学的にイヌワシとクマタカの生活を解明しようとしていて興味深かった。
イヌワシとクマタカと捕食する餌はほとんど一緒なのに共存している不思議
イヌワシの天狗伝説
クマタカに発信機をつけて行動を探ると予想外に行動範囲が狭い

等々
とても楽しく読みました。








そして、この本「イヌワシの生態」

だいぶ古い本で外国の本を訳したものだけど、日本のイヌワシも
外国のイヌワシも生態は同じだなぁとこれまた、興味深く読んだ。

観察小屋を作って観察した様子や
羊飼いの話や
猟師の話をまじえたり
とても面白い観察記録でした。


次も注文してしまいました(^。^)
2011-09-07(Wed)

近付いてみたらトビの巣だった。


随分前の事ですが、遠くに何やら数メートルは有ろうという
大きな鳥の巣らしきものを発見。

近付いてよく見ると、やっぱり鳥の巣でした。

こんな大きなのは初めて見ました。
2011-09-03(Sat)

夏空にノスリ旋回


入道雲がモクモクのこの日。

イヌワシを待ったのだけど、代わりにやって来たのはノスリの親子。



ぴゅゥイ ぴゅゥイ 
と何と言ってよいかわからない鳴き声で餌をねだっていました。






ノスリって顔可愛いですよね。


110827_112533.jpg
2011-09-03(Sat)

木曽駒の里


どうも・・・

この頃、お天気に恵まれずの日々が続いています

山登りをあきらめ、前々から気になっていた御嶽山周辺へ行って見ました。



木曽馬の里では、木曽馬がもぐもぐと長閑な景色を楽しむ事ができました。

前のボケボケはコスモス。


季節は確実に秋に向かって進行中ですね。



2011-09-02(Fri)

タカの渡りの時期となりました。


ハヤブサ、チョウゲンボウの観察から

楽しみにしていた、タカの渡りの時期となりました。

今年は、白樺峠やら牧峠やらへ行ってみようと計画中(^。^)


この日は、天気もイマイチだしで山はやめて木曽へ行く事に。

成果はあまりパッとしなかったけど、ハチクマに出会えた。

お蕎麦の美味しい店と、すごく美味しくない店とにも出会えたり・・

お天気情報
FC2カウンター
リンク
山の足跡



花の名前を調べるには

カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

じもらー

Author:じもらー
地元信州の山のぼら?で、じもら?です。楽しく刺激的でのほほんとした信州長野県の田舎暮らしのあれこれをアップ(^^)
山登り、スキー、温泉、山の草花、キノコと山菜が中心かな?

ポチッと押してもらえるとうれ

ブログ内検索
信州の四季
別、サイトです。 春 夏 秋 冬 信州の四季の写真集めてます。 山登りと、写真はお友だちですね。
■信州の写真■
安曇野


RSSリンクの表示
最近の記事+コメント
☆いらっしゃいませ☆

便利情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。