--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-31(Thu)

5月28日針ノ木大雪渓を滑る


画像が復活しましたよ?
良かった良かった。
針ノ木登山口は8時30分でした。


070528_084450.jpg
桜の花見たり

070528_085354.jpg
何と表現したらよいか分からない鮮やかなツツジも見たり

070528_095945.jpg
10時。大沢小屋到着♪
ここまでの登山道はほとんど雪も無く
夏と変わらない状態でした。


070528_103216.jpg
小屋の裏手で昼食とって
しばらく登って雪渓に下りました。
シールをつけて出発です。

070528_104122.jpg
先行者が小さく見えました。
しかし、今年の雪渓はデブリが(八、)?????==== ヒドイ
身の丈も有るような大きなデブリが広範囲に2箇所。
登るの大変でした。。巻いたつもりが真っ只中だったり・・・


070528_120607.jpg
12時6分。
ヤマクボサワと針ノ木小屋の出会い付近で
上から下りてくる人発見。
ちょっと話をしたら針ノ木岳登山だそうです。
20代後半から30代のステキな女性でした。

070528_125508.jpg
小屋への最後の急坂でスキーを担いで
アイゼンつけての登りに。
途中1ヶ所だけ休憩取れる場所があってそこで休んでいると
上から、山スキーヤーカップルが良い感じで滑り降りてきましたよ?
かなり、上手く気持ち良さそうに滑り降りていきました。

最後の登りは大変、登っては休んで登っては休んでの繰り返し

070528_133255.jpg

(クリックで拡大)
13時30分。
やっとの思いで針ノ木小屋到着♪
はあはあ言いながらの登りでした。
待っていたのはこの景色。
遠くは富士山まで望めました。


お昼を先行した方とご一緒したのですが
何と、前の日には白馬大雪渓を滑り降りてきたとか
連日の山スキーで今日東京まで帰るそうです。
びっくりです。タフです。

070528_135224w.jpg
(クリックで拡大)
目の前は、穂高の峰々から槍ヶ岳。反対側は鹿島槍ヶ岳と素晴らしい展望♪
今日のこの日に登れた事に感謝です。


070528_135705.jpg
その人滑り降りていきましたよ?


070528_140349.jpg
いよいよ、ぼくの番です。
気持ち良さそうな斜面が待っていますよ?
この場所の感じは、八方尾根のリーゼンスラロームコースの上部の
感じと斜面と雰囲気が似ています。

070528_141051.jpg
1時間かけて登った斜面もスキーだと
5分。
針ノ木雪渓の斜面は結構長くて、滑りがいありますよ?
途中のデブリ2箇所は山側へエスケープして
大沢小屋付近でまた、登山道へ戻って下りてきました。

不思議なのはあまり登山道に歩いた後無かった事???
もっと滑り降りて、川を下るような道があるのだろうか?


070528_153617.jpg
で15時30分。扇沢到着。
トロリーバス5000万人達成なんですね?
観光バスも数十台停まっていたし黒部の人気実感です。

いや?良かった♪
月曜日だったけど、山スキー5人、登山者1名の快晴山行きでした。
帰りは、近くの新しく出来た温泉に入湯して帰りました。

山に行きたい人気ブログランキング∧_∧


スポンサーサイト
2007-05-30(Wed)

間違えて削除してしまった写真復元♪

ダメもとで写真画像のソフト製作者へ問い合わせしてみたんです。
今日その返事が来て試しにやってみると・・・・・

何と、画像復活♪

驚きました。
知っている人はなんてことない事かもしれないけど
ゴミ箱から削除しても復元できるソフトが有るとうわさには
聞いていたけど、デジカメで削除してしまったファイルにも
使えるんですね。

良かった♪ 感謝感激です

以下、いただいたメールです。

 早速ですが、以下お問い合わせの件についてです。?????????????
AbleCV をご利用いただきありがとうございます。
また、メールをありがとうございました。

 削除したファイルの復元について

   AbleCVには削除したファイルを復元する機能はありませんが、下記URLに
  て公開されている「DataRecovery」というフリーソフトで復元できる可能性
  があると思われます。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html


????????????????????????????????????


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧


2007-05-29(Tue)

針ノ木雪渓の記録

針の木大雪渓

針ノ木大雪渓の記録一応残しておく事にします。

07年5月28日朝8時位に扇沢の駐車場到着
扇沢は、黒部ダムへの入山口だけあって観光バスが数十台

針ノ木岳の登山道を登ります。
途中の小山では雪も無く普通の登山道でした。
大沢小屋を過ぎると雪も残りちょっと大変な登り。

小屋を過ぎた辺りから雪渓に下りる場所を探しました。
いよいよ雪渓に下りてシールを付けて針ノ木雪渓の登り開始です。
雪もたっぷりありました。
ただ、今年は雪崩後のデブリが身の丈も有るようなのもあって
越えるのが大変。

大きく見たら2つの広大なデブリ後を登ります。

ヤマクボサワと針ノ木小屋の出会い付近で急坂になり
スキーを背負い、アイゼン着けて最後の急登。
これが、大変でハアハアいいながら休んでは登り休んでは登り
の繰り返し・・・

途中では、登山者1名、山スキーヤー2名とすれ違います。
先行者もいました。

やっとの事で針ノ木小屋到着♪



(↑クリックで拡大)
こんな風景が広がっていましたよ?(写真喪失のためカシミールの画像ですが)

20070529112238.jpg
(↑クリックで拡大)
遠く富士山も見えましたよ?

小屋付近で景色を見ながら、昼食です。
先行者は女性の方でした。
何でも、東京から来て前日は白馬の大雪渓を滑ってきたとの事
今日は、東京まで帰るとの事でした。
タフですね?びっくりしました。

今日は針ノ木小屋の付近でご一緒したこの方と他に自分含め
6名の針ノ木雪渓でした。

登山者1名。
12時頃には下山してすれ違ったので結構早くから登った感じです。
20代後半?30代位の背の高いステキな女性でした。

その後、
山スキーカップル2名。
なかなか、スキー上手かったです。
最後の登りで1ヶ所だけ休める場所があるのですが
そこで、休んでいる時に良い感じで滑り降りてきました。
その人たちも、ここで休憩を取ったと話してました。

スキーで下りてヤマクボサワの出会い辺りでボーダーが1人
登ってきていました。
今日天気良くてよかったですね?


そんなこんなで、滑り降りるのはあっと言う間。
小屋直下からデブリまでは、ザラメ雪で滑りやすく
結構な距離の滑走を楽しめましたよ。
八方のリーゼンスラロームコースの滑り始めの感じです。
ちょっと急斜面から、楽しめる普通の斜面へって感じ。

デブリは山側へエスケープして滑り降り帰りも登山道を帰って
車に到着が、午後3時20分でした。


帰りは、近くの温泉良いところいっぱい有るので
新しい温泉へ入って帰りました


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧





2007-05-28(Mon)

今日は、針の木岳大雪渓滑降

今日は、針の木岳の大雪渓を登ってスキーで滑降♪

天気も最高で富士山も見えて展望最高でした。


が・・・


写真は有りません。゚(゚´Д`゚)゚。

いっぱい撮ってきたんだけど、画像の名前変更のときに

間違えて、削除してしまいました・・・


悲しい・・・


鹿島槍ヶ岳登山以来のミスです。
あ?ぁ 何か寂しいです。。


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧

2007-05-26(Sat)

乗鞍続き


結構、写真とっている人って絵になると思いませんか?



山に行きたい人気ブログランキング∧_∧

2007-05-26(Sat)

ミツガシワ


(クリックで拡大します)
この花は、遠めで見ると華やかで清々しい感じしませんか?
近寄ってよく見るとピンクや赤色も雑じってキレイなんですよね


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧


2007-05-25(Fri)

乗鞍 どじょう池からの乗鞍岳



(クリックで拡大します)乗鞍の水芭蕉コースの最後はここだった。
どじょう池。そしてどじょう池から見た乗鞍。
写真を撮る人が十数人、絵を描く人が八人、散策する人十人位


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧


2007-05-24(Thu)

乗鞍へ山菜狩り


乗鞍の水芭蕉の群生地が
一の瀬園地の奥にあるんです。
歩いて1時間くらいの場所らしいので前から行きたくて
今日ついに行く事になりました


070524_122002.jpg
歩く事約1時間。
近くまで来ましたよ。



070524_124743.jpg
でも、ちょっと遅い?
ほとんどが葉ばかりになっていました。
それでも、少し花も♪


070524_131218.jpg
ニリンソウの群生も有ったりして
散策するには平坦で広々していて良い感じです。


070524_132832.jpg
そして、もう1つの狙いはワラビ。
ちょっと早いかと思ったのですが、有る所にはいっぱい生えていて
良かったですよ。
これは、ナルコユリ? リンドウと間違えないようにしないと・・・


070524_133412.jpg
そろそろ2時間ですが、ツツジの群生地も有るようですね?
乗鞍も良い所ですね。今更ですが。。
ほとんど平坦な道と言うか、草地歩きなので全然疲れなくて
高原の新鮮で美味しい空気が良かったです。


070524_134907.jpg
ミツガシワの花も咲いていてくれて嬉しかったですよ。


070524_142805.jpg
振り返ると乗鞍。
まだ、雪の中♪
バッチリ滑れますね(^^)


070524_170804.jpg
水芭蕉はかなり遅かったけど
色んな花が咲いていて、楽しい散策が出来ました。
もちろん、山菜もいっぱい採れましたよ♪
ワラビ狙いですが、ナルコユリやタラの芽なんかも有って
面白かったです。


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧





2007-05-22(Tue)

道のべの木槿は馬にくはれけり

道のべの木槿は馬にくはれけり
(みちのべの むくげはうまに くわれけり)


芭蕉は、1日に15キロ以上も歩いたり、峠越えは勿論
月山にも登ったりして山のぼら?だったのですね

道のべの句は、「野ざらし紀行」の大井川の所に 馬上吟としてあります。

はじめは良くわからない句ですよね?
道のムクゲが馬に食べられちゃった?
それが何か?って感じですが


この間わかりましたよ(^^)山菜採りながら


考えてみれば、馬じゃなくても人でもいますよね?

え?どこに? どこにいるの?

って感じですか?

そう思ってくれると嬉しいです(^^)





それでは、山のぼらー的解釈をどうぞ


ムクゲの花は暑いのが好き。夏から秋にかけて

次から次へ花を咲かせ続けます。

でも一輪の花は朝開いて、夕方には閉じてしまう一日花です。

芭蕉は、暑くムシムシする中、馬の上で揺られながら大井川への

道を急いでいたのですね。

暑くて、眠くなったりちょっとボ?ッとする事も有ったでしょう。

ふと、前を見るとそこには涼しげなムクゲの花が咲いていたんですね。

芭蕉の目はそのムクゲに吸い寄せられたわけですね?

良く有りますよね? 

知らない人には見えない山菜も好きな人には良く見える。あれです。

キレイなもの、趣のあるもの、侘びさび、の好きな芭蕉には

その涼しげなムクゲの花で心の中がいっぱいになっていたんですね。

1日花の儚さも思っていたことでしょう。

と! その時!!

乗っていた馬が、ムクゲの花を食べてしまったんですね。

花に美しさや趣を感じる人と、その同じ花を何のためらいも無く食べてしまった馬と。。



面白いですね? 花に趣を感じたのがバカみたいです。

強い生命力も感じます。

命の一瞬の輝きも見えますね?



出てくる景色はこんな感じでした(^^) 





いませんかこんな人?

ニリンソウとか、カタクリとかスプリングエフェメラルたちを
キレイだなぁと見ている人もいれば・・・
「これ、食べられるんだよ」と言う人もいるんですね


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧








2007-05-21(Mon)

今日は快晴♪ でも・・・何か気分乗らなくて


こういう日って有りませんか?
条件はバッチリなんだけど・・・
なぜか気が乗らないと言うか・・・
蓮華岳の山スキーか
爺ヶ岳の山スキーか
レンゲツツジを見に行こうかと
迷っているうちに、結局山登は中止してしまいました。

あまりの天気の良さに、もったいなくなって
結局出かけてしまうんですね?


070521_144943.jpg
高いか低いか違うだけで山は山なんですネ
ここは、松茸山に整備している場所。
松茸や、キノコは、葉が多く地面に積もり腐植となって
10cmにもなってしまうと出れなくなってしまいます。
地面から出るキノコは、それなりに手入れしてあげないと
出てくるキノコも出なくなってしまうのです。

070521_150645.jpg
そこで!!

今日は、松茸が出ることを夢見て環境整備で
大きな木を切ったり、小さなクヌギの木を切ってきました。
自分にとっての山の楽しみの1つがこのキノコ山整備♪

もっのすご?くマイナーですよね

良いんです。自他共に認める変人ですから・・・

070521_151846.jpg
チゴユリですね。
春の山は色んな花やら、山菜やら出てきて楽しい季節です。


070521_155506.jpg
これは、食べられそう(^^)
ミヤマイラクサ?
ソバナ?
採ってきて食べる事にします。


070521_164019.jpg
いつのまにやら、キノコ山の整備の話から
山菜狩りになってしまいましたが
この時期は、きのこ山の整備と山菜狩りは一緒ですよね?
食べられるという話を聞いた、ギボシも試してみますよ。
ギボシは前、山に出ていた小さいのを食べて美味しかったので
今日は、庭に出ている大きなやつですよ(^^)

070521_165918.jpg
いざ、試食
家族に病人出しちゃいけないので(^^) まずは自分だけ試食です。

ギボシ美味しい♪

美味しすぎる?


こんな美味しいなんて・・・
絶妙な甘みと、ヌメリが上品な味になっています。
見た目は、大味な感じなんですが・・・新たな発見でした(^^)


山に行きたい人気ブログランキング∧_∧



2007-05-20(Sun)

火打の時の写真

20070605101720
一緒にコラボしたやまねさんからもらいました。
ありがとネ(^^)

山に行きたい人気ブログランキング∧_∧

2007-05-18(Fri)

振り返ったら火打


(クリックで拡大)山からの下りで見た火打はキレイだったなぁ。


山に行きたい 人気ブログランキング ∧_∧

2007-05-17(Thu)

木のリズム


青空に伸びる木の広がりですが、何かキレイじゃないですか?





↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-16(Wed)

火打山でキレイだった木と鳥


クリックで拡大。
ひゅぃ?んと飛んでいきました。




↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-14(Mon)

火打山快晴の山スキー♪


朝7時40分。
今日は、山友達のYさんと山スキーです。Yさんはスキーしないので
申し訳ないのですがスキーはぼくだけですが・・・
快晴で火打山はキレイに輝いていたそうですよ?

山スキー 火打山


070514_074127.jpg
今日の雪の状態はどんななのか??
登山口の道沿いには水芭蕉に混ざってこのピンクのショウジョウバカマも。

070514_083641.jpg
8時36分。黒沢の橋到着。
この辺まで来ると、雪が多くなってきます。


070514_101043.jpg
十二曲がりを過ぎて、この林。
何の木か知らないのですが、気持ちの良い登りです。
ここまで来れば、シールをつけてのスキー登りが出来ます。


070514_105908.jpg
10時59分。見えた?\(^o^)/ 火打山
白く輝いてます


070514_110939.jpg
そろそろへばってきた頃。。


070514_115637.jpg
11時56分。
高谷池ヒュッテ到着♪
ヒュッテでしばらく休んでいると、やってきました真っ黒に日焼けした2人
どうも、ヒュッテの方のようです。
良かった?ビール飲めそうですよ
ビールは良く冷えていてメチャ美味しかった?

070514_122328.jpg
で、小一時間くらい休憩して、
雪解け水の補充をして、いよいよ火打山へ出発です。
Yさんは、春の火打山初めてで、そのキレイさに感激しきり


070514_134745.jpg
13時47分。火打山頂への登り。
へばってます・・・
アイゼンつけて、10歩登ってハアハア休んでの繰り返し。
今日の登り、追い抜いたり追い抜かれたりしていたステキなカップルと
しばし歓談。今日は、高谷池ヒュッテへ泊まるようです。
良いなぁ?

070514_134752.jpg
振り返るとこの景色♪


070514_143823.jpg

14時38分火打山山頂到着ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪
360度の大パノラマ? 体を動かさないと微風有りでちょっと寒い。
ゆっくりするつもりが、早速お楽しみの滑走ですよ?



070514_144757.jpg
こんな感じ。
絶好のザラメ雪斜面。とても滑りやすかったです。

070514_145136.jpg
クリックで拡大します。
真ん中右のシュプールがぼくの(^^)

登り1時間を下り4分でした

070514_161106.jpg
ヒュッテでしばし休憩。
遅くなってきたので暗くなる前に帰りたいな?
(昼ちょっと休みすぎました



070514_182223.jpg
黒沢の橋からの道は長かった?

で18時22分。登山口無事到着~\(^-^)/バンザーイ.
疲れた?足ダル?ちょっと痛い?
最高の天気とコンディションで充実した山スキーできて最高♪



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。



2007-05-13(Sun)

水芭蕉 山を登る


笹ヶ峰は、知る人は少ないけど水芭蕉や春の花を見に散策するのに
最高の所です。
笹ヶ峰の牧場を過ぎて、火打岳の登山口の駐車場を過ぎて
しばらく行くと水芭蕉や道の下の方に遊歩道が有る道が見えます。
2時間くらいの散策にちょうど良い道があちこち走っています。



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-12(Sat)

山菜狩りで出あった花


春の山菜狩りで出会う花は結構有りますよね。
このヒトリシズカもその1つ。ブラシみたいなのは雄しべで、
雌しべは雄しべの根元にあるそうです。
日当たりの良い場所が好きなようで、半日陰の場所に良く咲いています。





↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-11(Fri)

シャガの花


たまには街中の花
と言っても長楽寺の境内ちょっと崖っぽい所に
キレイに咲きそろっていました。




↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-10(Thu)

霧が峰 雨霰雷で撤退


天気予報では、寒気が入り強風と雷注意の予報。。
う?確かにそうだったんですが・・・


070510_121646.jpg
今日は、久々に山スキーに行こうと計画していた日。
家で何もせずにすごすのはちょっと物足りない(^^)


070510_122208.jpg
まあ、そんなわけで前々から来てみたかった
霧が峰八島湿原の春を見に来ました。
歩く事約10分くらいでヒュッテ御射山の煙が見えてきましたよ。


070510_122343.jpg
強清水方面に花が咲いているようですね
こんな案内板有ると嬉しいですね(^^)




070510_122525.jpg
古代には御射山祭が開かれた場所です。
この段々のきれいな土壇は”穂屋“が掛けられた場所との事。
穂屋とは、諏訪神社の御射山祭に作られる仮庵の事。
武士たちが狩りや流鏑馬に興じた祭りをしたようです。

実は、松本にも三才山と言う場所があるんです。
ここにも、御射山祭が残っていて諏訪神社と関係が有るようです。
不思議です。芭蕉は、更科紀行で松本を通っています。

雪ちるや 穂屋の薄の刈残し   芭蕉






070510_130338.jpg
そんな事も有り物思いにふけっていると
強風から、無風状態に。なんか妙に静かになったと思ったら
雷の音がする。 雨も降り始めあわてて、雨具を着たら
稲光と雷で危険状態に。。
ピカピカ ゴロゴロ 雨に霰も降ってくるし天気予報大当たり?

で、ここで30分くらいか非難していたのでした。
そんな中でも歩いている人もいて1人の方とすれ違ったのでした。



070510_135454.jpg
少し雷がおさまってきた所で、ヒュッテに戻って
コーヒータイム 温かい薪ストーブも有って快適でした。

本を読んで雷がおさまるまでまっていると
お茶まで出してくれて、ありがたかったです(^^)
いろいろと話を聞くことができて、冬も小屋は開いているとの事。
雪で覆われた、冬の霧が峰も魅力的だなぁ(^^)
本当にお世話になりました

070510_141233.jpg
ようやく雷おさまり、湿原を一周します。


070510_142806.jpg
良い感じです。


070510_144040.jpg
春の八島湿原にも花が咲くかと思っていたら
あまり花は咲いていませんでした。
雨が降らなかったら、車山まで回ってこようと思っていたのですが
また、今度です。



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。


2007-05-09(Wed)

今日は、妙高まで山菜狩り 遠征♪


今日は遠征してここまで山菜狩り。
日の光は輝き、風はそよそよと気持ち良く、鳥は啼き
雪どけの水は小川となり、春の花が咲きそろう頃。
山菜狩りはおまけで、ただ春の山を散策したいだけなんですがね。
今日は、地元長野の友達もおさそいして

070509_111706.jpg
まずは、フキノトウ。


070509_112242.jpg
ハンゴンソウ。この山菜は灰汁抜きが必要なようです。


070509_112703.jpg
ニリンソウは見るだけですが


070509_115033.jpg
最も狙っていたのがこれ。
コゴミ。タイミングが難しくて今日はベストのタイミングでした。
集中して生えているコゴミをあちこち探して歩きます。

070509_115422.jpg
ミズバショウもいっぱいに咲いていますよ。
足で踏まないように、気をつけながら進むくらい生えてます。




070509_134843.jpg
アズマイチゲも咲き始め。
山の下の方は結構いっぱい咲いていたんですが
ここは、標高1300mスプリングエフェメラルたちもこれからです



070509_151626.jpg
さて、いっぱい採れたので場所を移動して
これはコシアブラ♪


070509_151723.jpg
ハリギリ♪
タラの芽は有名で分かりやすいのでだいたい採られていますが
コシアブラや、ハリギリはほとんど手付かずでしたラッキー♪


070509_151800.jpg
取り残しのタラの芽も。


070509_170831.jpg
と言う事で今日の収穫。
山友達も同じくらいかこれ以上採れて喜んでくれましたよ(^^)
ちょっと危ないと言うか食べられそうなのも採ってきました。
明日以降に試して見ます。


070509_170840.jpg
ここ、妙高の良い所はたとえ、山菜が採れなくても
あちこちで、山菜を売っている事。
しかも、ビックリするほど安い。
このモミジガサも1束100円。ミヤマイラクサも1束100円。

ぼくの登山記録に5月から6月には北信の山が多いのは
この山菜がいっぱい有るからなんですね




↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。

2007-05-08(Tue)

長楽寺から公園にぬける道で


信州は山桜があちこちで咲いています。
良い感じじゃないですか。 新緑と桜の輝き(^^)




↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-07(Mon)

今日は、天気悪そうで山中止 でも お昼頃より快晴


いや?
今日は、もったいない事をしました。
今日は山日和だった。


070507_164440.jpg
9時くらいから日が射してきて
お昼頃より快晴に。昼食べた後山へ新しい山菜求めて出発?




070507_144358.jpg
まずは、これ。ちょっと美味しそう


070507_152420.jpg
次はこれ。これは多分シラヤマギクかと思う。


070507_160729.jpg
そして、ギボウシ。
これヌメリが有って美味しいといううわさです


070507_154429.jpg
最高の状態のタラの芽もゲット♪


070507_172352.jpg
でこんな感じ。
では、さっそく毒見へ


070507_175636.jpg
食べられるかの試食は、これが1番簡単なおひたし。

さて、味はどうでしょう?

まず、最初の??の芽は まず?い
何か酸っぱい。匂いも変、
色も緑色から黄色っぽい色に変色して見た目もマ…マズイ…(T?;T)

さて、次のシラヤマギクは?
これは、いけるかも(^^) 味に癖が無く変な匂いもなく美味しい。

最後のギボウシは?
メチャ美味しい(^^)
独特のヌメリが有り、味に癖もなく美味しい(^^)
でした?



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。



2007-05-07(Mon)

芭蕉 更科のたびを思って



元日に 田毎の日こそ 恋しけれ   芭蕉

旅から帰った芭蕉は、田毎の日が思い出されたんですね?
田毎の月 だと字余りもったりしていてイマイチですね。
8月と言えば、稲はかなり大きくなっているはず。
はたして田毎に日が映っていたかは疑問も有るが、
月を日と言っても気持ちは迫ってきます。

旅の思い出に、思い出す景色。。
俳句の推敲と言うか、練り直しもしていた。
そんな時に、田毎の月や日の光を思い出していたんですね。
旅の中に身を置く事を思いながら、新たな旅への思いとなっていくんですね?


↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。



2007-05-06(Sun)

長楽寺の紅葉 青葉若葉


まさに、青葉若葉の日の光ですね。


↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。




2007-05-05(Sat)

面白かった\(^o^)/のは



名月や 思うまじきハ 過去未来     可都三

この人はどんな人なんでしょうね(^^)


名月を見ていたら、何やかやと思ってもしかたないよ?

過去未来思っちゃダメ。

この月をしっかり感じなきゃ意味ないよ(^^)


って解釈しましたが・・・違っていたらゴメンナサイ





↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。



2007-05-05(Sat)

更科の里 長楽寺へ芭蕉の記憶


松尾芭蕉は貞亨5年(1688年)の8月11日名古屋から弟子の越人と共に
古来、月で有名だった更科の里へと月見の旅に出た。

更科の地へ到着したのが、8月15日。それから3日間にわたりこの地に滞在し
俳句の会やら、地元の同好の士と宴会も開きながら観月したらしい。

その旅の距離は、おおよそ62里。250Kあまりにもなる。
その距離を4泊5日で踏破した事になり、1日あたりの走行距離は12里強
キロだと、何と48キロも歩いた事になる。

「更科の里、姥捨山の月見んこと、しきりにすすむる秋風の心に吹きさわぎて、
ともに風雲の情をくるはすもの、またひとり、越人といふ。」
更科紀行にある通り、
古来より歌に読まれた更科の里の月を見たいと
「そぞろ神」に心騒がされて旅に出ている。




070503_140331.jpg
それは、○○JOY や 山と渓谷 や 深田久弥 や
花の100名山 やらを読んで
その山へ行きたくなる、「やまのぼら?」と「風狂」で一緒ですね
昔の旅は、歩いて行く旅。そこには少なからず危険が有ったはず。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物は、
日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。
予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、
漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に
蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に、
白川の関こえんと、そヾろ神の物につきて心をくるはせ、
道祖神のまねきにあひて取もの手につかず・・・


山には危険もいっぱい有るのは承知しているけど、それでも
それに勝る、素晴らしい物が有る事を感じて山に登る気持ちと
同じですね(^^)



070503_141034.jpg
古人の1人宗祇の句
あひにあいぬ をばすて山に 秋の月
 
070503_141249.jpg

正面入り口左側に、芭蕉の面影塚がありました。
俤や姨ひとり泣く月の友

070503_141421.jpg
正面に見える大きな石の塊が「姨石」です。


070503_141942.jpg
これが、「姨石」近景。
思っていた大きさを、はるかにしのぐ石の塊でした。

名月や 雪のやうなる 蕎麦の花    一翁

この句 景色が目に浮かびますよね?




070503_142032.jpg

姨捨の 田毎に 月を配りけり   臥雲

この句が、「姨石」の登り口に配されていました。




070503_142135.jpg
姨石の上でしばし、佇む。
そこは、まるで山の頂のような雰囲気。

右を見ると棚田が広がり
前を見ると、千曲川が蛇行し
遠く、高妻?妙高?黒姫?飯綱山?斑尾?高社山?根子岳へと山波が続く。
近くには、1000年を超えると言う桂の大木が若い葉を揺らす。




070503_142747.jpg
芭蕉が訪れたのは、8月15日。
夏の盛りだが、ここ信州では夜は秋の気配が漂う。

虫の声も夏の虫から秋の虫へと変わっていたはず。
空に浮かぶ月は、澄み渡る。

でも今は初夏。岩の上は、隣の桂の木が若葉を茂らせ希望に溢れていた。


070503_143453.jpg
長楽寺の岩から、公園への道は歩いて10分位の
軽い登りだった。
山桜が、時折吹く風に花びらを散らせていた。
「う?ん、よい感じ」


070503_143735.jpg
公園の句碑も見ながら頂上へと登る。


070503_144359.jpg
頂上から、下に見えるは姨捨駅への踏み切りだった。
山で慣れた足。元の道へ戻らずに、そのまま下る事にする。


070503_144651.jpg
踏切を渡って、すぐ左に姨捨の駅が見える。
そこから駅のホームに出ることが出来た。
姨捨駅は日本三大車窓の1つに数えられる素晴らしい遠景がある。
ここまで、来たら十分満足(^^)

更科の地は今から千百年くらい前の古今集に、読人知らず、題知らずの、
わが心慰めかねつ 更科(さらしな)や 姨捨山に照る月を見て
の歌があり、これから「大和物語」「今昔物語」の伝説が生まれ、
さらに世阿弥によって謡曲「姨捨」となった歴史の地。


姨捨山登山から芭蕉の面影を訪ねて、口ずさむ句は侘しくも有り楽しくも有り。山登りの新しい体験でした(^^)
更科の里 長楽寺




↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。




2007-05-04(Fri)

ニリンソウ


冠着山への登りにひっそりと生えていた。



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-03(Thu)

冠着山(姨捨山) から 長楽寺へ


姨捨伝説と、和歌、俳句で有名な冠着山を登る事にしました
ちょうど今頃の青葉若葉の季節、水ぬるみ山には雪どけ水が流れる頃

行春や鳥啼魚の目は泪

あらたうと青葉若葉の日の光

「奥の細道」を毎年読み始めるんです。
が・・・・・
今年は、別の本にしようと「更科紀行」を読んでみた。

俤や姥ひとり泣く月の友

読んでみたら、姨捨山へ登りたくなったんです

更科の里 冠着山


070503_113010.jpg
走る事、20分くらい。
迷いながらも、何とか駐車場に到着。


070503_113045.jpg
え?すごい混んでる
何とか、入り口付近に隙間を見つけて駐車♪


070503_114355.jpg
山路来て何やらゆかしすみれ草
ですね? 今回は芭蕉を訪ねる登山なので俳句モード(^^)




070503_114953.jpg
登山道を20分くらい登りあちこちに、
アズマイチゲの群生が。



070503_115148.jpg
登山道はこんな感じ。
このあたりで、なにやら賑やかな声が聞こえてきました。
子供達の元気な声も。すれ違う人も家族連れが多いです。


070503_120509.jpg
と言う事で、30分くらいで山頂に到着(^^)
うゎ?宴会ヤッテル
いつもなら、気にはならないんだけど今日は、侘びサビの山登りなので・・・

しかも、まだ登って30分くらいしか経ってないし・・・物足りない



070503_132001.jpg
反対側には、滝もあり。


070503_141421.jpg
車を走らせ、長楽寺へと向かいました。
長楽寺とその周辺の公園から姨捨駅と「田毎の月」と呼ばれた
棚田の広がる一帯はセットで冠着山だけじゃなくてその周辺も
含めて訪れる事で良さがわかると思いました。

長楽寺良かったです

特に俳句とか山の好きな人には。


↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
2007-05-02(Wed)

スプレーしたような


ネコノメソウかと。。
わが目を疑う、面白い花でした。
まるで、スプレーでもしたような(^^)



↓よろしかったら応援のポチッお願いします



こちらは、人気ブログランキング。ついでにポチッとお願いします。
お天気情報
FC2カウンター
リンク
山の足跡



花の名前を調べるには

カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

じもらー

Author:じもらー
地元信州の山のぼら?で、じもら?です。楽しく刺激的でのほほんとした信州長野県の田舎暮らしのあれこれをアップ(^^)
山登り、スキー、温泉、山の草花、キノコと山菜が中心かな?

ポチッと押してもらえるとうれ

ブログ内検索
信州の四季
別、サイトです。 春 夏 秋 冬 信州の四季の写真集めてます。 山登りと、写真はお友だちですね。
■信州の写真■
安曇野


RSSリンクの表示
最近の記事+コメント
☆いらっしゃいませ☆

便利情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。